鈴鹿2&4フリー走行終了

 

最終コーナーのオイル処理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝8時から30分間のフリー走行が開始。

しかし開始直後、最終コーナーでオイルが出てしまい、セーフティカーが入った。

また秋吉耕佑と大崎誠之がピットロード出口で接触して転倒。というアクシデントも発生。

秋吉はマシンを修復してコースに戻ったが、大崎はこのセッションを走ることはできなかった。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください