「グッドニュースであること」

これまでにも何回か紹介しているが、僕が毎日欠かさず見ているサイト「ほぼ日刊イトイ新聞
今日も糸井重里さんのコラムは素敵でした。
引用します。

・昨日、こういう言い方をしました。
 「うん。それよりなにより、
  みんなにとってのグッドニュースになるかどうかだよ」
 ちょっと先に考えている、あるプロジェクトのことで、
 どうやるかであるとか、誰々がどう関わりたいだとか、
 どこでどういう効果があるかだとか、収穫はどうかとか、
 利益はどうなるのだろうかとかね、
 他の会社といっしょにやる企画だけに、
 考えることはいろいろあるのでしょうが、
 いちばん重要な問題は、
 それが「グッドニュース」として成り立つかどうかです。

人として生きていくうえで大事なのは、どれだけ他人のために役に立つことができるか。
それを糸井さんは、グッドニュースという言い方で表現しています。

地球は進歩しています。
人が学び、成長するのは地球の進歩に貢献するため。
スポーツをしているアスリート。特に国内はもちろん、世界最高峰レベルで競技しているアスリートは、そこで学んだ技術はもちろん、メンタル、人間力などすべてを次世代に伝えることで、地球の進歩に貢献できるはず。

僕も精一杯、自分のできることで貢献できるよう頑張らねば。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。